FC2ブログ

体調管理しっかりと!なぜ体育会が就活に強いのかを考えて!

10月も後半になり、教室でも先週位から風邪をひいている人が一気に増えました。授業でも「体調管理の大切さ」についてはお話しましたが、大切なことなのでもう一度お伝えしておきたいと思います。受験は「1点を争う戦いであり、追いつくか追い抜かれるか」の競争でもあります。野球などのスポーツでいうところの「レギュラー争い」と同じイメージでもあります。野球でも強豪校などでは、1つのポジションに対してレギュラーを争っている人が何人もいる状態だと思います。

例えば、今あなたがレギュラーである大切な試合で、風邪をひいてしまった場合、控えの選手があなたの代わりに試合に出場し、優れたパフォーマンスをして、レギュラーを奪われてしまうということは多々あります。同じように一生懸命練習してきているのに、一回の大切な試合での「体調管理」が大きな別れ目となるわけです。別の例では、就活またその後の仕事でも同じことが言えます。

一般的に丸紅などの商社の総合職では体育会系出身者がとても多いと言われています。それは何故かというと、大切な商談、またプレゼンの日に風邪などで穴をあけてしまうと、大切なビジネスの機会を失うことになりかねず会社にとっても大きなリスクとなり得るからです。受験にせよ、スポーツにせよ、仕事にせよ、「体調管理」は「自分を律する」ということに直結するのでとても重要な要素となるのです。全ては、「いかに準備周到にするか」ということに通じます。体育会系でなければ、「受験で勝てない、就活で成功しない」ということではなくて、「来るべき大切な瞬間に備えて体調管理を始め自分を律していかに周到に準備ができるか」ということが「結果につながってくる」ということです。

例えば明日「模試」あるいは「赤本大会」に参加するとします。いわば練習試合ですから、その前日にどのように過ごせばよいのでしょうか?当日は、7時に起床し、9時頃にはベストパフォーマンスが出るように、食事も含め、自分にとってベストパフォーマンスが出せるものをベストな時間帯に食べなくてはなりません。逆算すると、前日の夜更かしや食べ過ぎは厳禁です。これに加え数日前からマスクをして風邪を予防し、エネルギーは出るけど胃腸に優しい食事を心がけねばなりません。赤本大会や模試などの練習大会からこの習慣をつけておかないと、本番前一ヶ月で調整するということは、なかなか難しいのが現実です。なぜなら、試合と同じように1回1回で微調整を加えることにより、自分にとっての「ゴールデンルール」が出来上がるからです。逆に「このゴールデンルール」ができてしまうと「受験」だけでなく、「就活」「大切な商談の前」などあらゆる局面で「自分を律する」ことで「結果を出すこと」ができます。

例えば、私でいうと、大切な局面ではお腹を壊しやすいので、試験の3日前からは「牛乳やヨーグルトカフェオレ、甘味の強い炭酸飲料は控え、当日の朝は腹持ちのよく消化のいいゆで卵を食べ、小腹がすいたときは、腹持ちのいいチョコレートかアーモンドを少し食べる」ということで、「体調管理」をしています。強調しておきたいのは、「体育会系でなければ受験や就活で勝てない」ということではなく「体育会系の人のコンディションの整え方を参考に、自らのゴールデンルールを作り体調を含め自分を律することで、結果が出せる」ということです。まずは、身近な風邪予防から「もたず、つくらず、もちこまず」で自分のためにそして周りで一緒に勉強している友達のために、風邪に打ち勝ち、生活全般を整え、受験にも打ち勝ちましょう!!!

10月からの毎日の勉強の分量の目安

間もなく10月ですね秋は、気候も快適で、体育祭や文化祭など充実した学校生活が送れる時期でもありますそして、受験生にとっては、10月に入るとセンター試験までの週末は15回となります。
夏休みが終わり、試行錯誤しながら学習を継続している中で、“今後はどんな風に勉強していけばいのだろう?”という相談も増えてくる時期です。そこで、今日は“10月からの毎日の勉強の分量の目安”についてお伝えしたいと思います。

英語
単語カード      500個        30分~1時間
熟語カード      300個        30分~1時間
構文カード      50-75個       30分~1時間
過去長文      3-5枚         30分~1時間
最新の長文2枚   2枚(黒白)       30分~1時間      
合計                   2時間30分~5時間

単語一斉テストが75%を越えて、復習テストが春からの平均が70点を越えていれば、2時間30分位に英語の勉強時間は減ってきていると思います。このペースで進んでいなくても、5時間位でこの分量をやりきらないと、社会の勉強時間が取れなくなるので、この時期からは、何が何でも英語はこの分量をこの時間でやりきるようにしてください!!!

平日は、英語は2時間30分~5時間、社会は3~7時間、その合間で余裕に応じて文法や古典をすすめ、週末は志望校から順に赤本をすすめていくという勉強スケジュールです。
赤本の進め方は、前回詳しくお話していた様に、入試まで週末は20回ですので、受ける学校各部×数年分で計画して、土日少なくとも1回以上は志望校・学部の赤本を、全教科時間を計って、解くようにしてください。そして大事なことは、赤本を解いてその結果に一喜一憂しないこと。大切なことは、冷静に志望校の出題傾向と自分の今後の課題を確認し、そして、本番と同じ時間集中して解く体力と集中力を養い続けていくことです。

志望校や進捗状況に応じて、随時個別に学習指導も行っているので、いつでも気軽に相談してくださいね(^▽^)/


そして、2年生の皆さんまだまだ先のことと思ってはいませんか?今まさに頑張っている受験生からのメッセージは“早い段階から毎日単熟語をやらないと、いつまでも量が減っていかない”ということです。3年生の夏休み以降単熟語がまとまって残っていると、この時期は1日15時間近くの受験勉強が必要となります。
そして、もう一つ大切なこと。それは、1周目は50分かかっていた暗記が、2周目40分、3周目30分と、同じ範囲あたりにかかる学習時間が減っていくのが理想的です。逆に、毎回同じ時間がかかっている場合は、学習方法について検討する必要があります。

2年生の皆さんも、単熟語は毎日コツコツとすすめること、そして自分に合った暗記方法を試行錯誤して見つけながら、早め早めに取り組むことが大切です。暗記方法など、見直ししたい時、またアドバイスが必要な時、いつでも気軽に相談してくださいね!!

暗記のしくみ(脳科学から考えてみよう!)

来週の単熟語一斉テストに向けて、皆さん、単熟語の暗記に励んでいることと思います。日々の皆さんからの相談の中で、最も多い相談の1つが、“単熟語、何回やっても覚えられないんです(涙)”というものです。教える側としても、日々の皆さんの努力を理解しているだけに、何とか効果的に暗記できる方法はないだろうかと色々な知識を活用し、様々な分野の文献や資料に触れ、日々効果的な暗記方法を提案・指導していきたいと思っています。

今日は、“暗記のしくみ”を脳科学の観点からお伝えすることで、“数回やそこらで覚えられないのは、能力や努力が不足しているのではない”ということを理解してもらい、今後は “どうやったら覚えられるのか”に焦点をあてて勉強を続けて欲しいと願っています!!

1:はじめに
〔暗記のしくみ〕参考文献:受験脳の作り方 池谷 裕二 新潮文庫 より引用
① 脳の海馬は、入ってきた情報を保存する際に「必要な情報」と「必要でない情報」の仕分けをする。

② 海馬では、「必要」と認められた情報が長期記憶となる。
が、驚くことなかれ!!ここでの、必要な情報かの判定基準は、「生きていくために不可欠かどうか」

この流れを見るだけでも、「数回全範囲を網羅学習したのに、何故、暗記が簡単に定着しないか?」という理由が理解できたと思います。

大切なことは、ここから!!

2:具体的な方法について
1)じゃあ、どうしたら「暗記できるのか???」を見ていきましょう!

池谷さんはその著書の中で、“「海馬に必要だと認めてもらうには、できるだけ情熱を込めて、ひたすら誠実に何度も繰り返し情報を送り続けるしかないのです。すると海馬は、「そんなにしつこくやって来るのだか必要な情報に違いない」と勘違いして、ついに大脳皮質に情報を通過させるのです。『受験脳の作り方 (P38)』”と書いています。

繰り返し学習することの重要性はこれで、理解頂けたと思います!

2)効果的な方法は?
では、次に「覚えたことを忘れにくくする繰り返し学習の方法」について考えていきましょう!この本によると、一度学習したことは、完全に忘れ去られるわけではなく、一定期間に形には見えないけれど、“潜在的な記憶”として存在するようです。そして、その潜在的な記憶の保存時間は一か月ということです。

つまり、暗記してから一か月以内に“復習”という形で暗記した情報に何度も触れる必要があるということです。このことは、説明会でも、授業でも受験のバイブルでも何度も何度もお伝えしているように、“復習は何故大切なのか”ということの答えにもなると思います。そして、日頃より、具体的にお伝えしている以下のような“復習”こそが、「暗記を定着させる、記憶を長期記憶とするのに最善なのだ」、ということが、脳科学の観点からみても、説明できるのです!!!

単熟語を一か月以内に全範囲網羅して元の範囲に戻って繰り返す(受験生)
単熟語、構文、すべてカードを使い毎日触れるようにする(受験生、高校2年生)
授業で扱う長文を毎回しっかり復習する(受験生、高校2年生)

3:まとめ
大切なことなので、最後にもう一度お伝えします!!!
何故、科学的な観点から、“暗記のしくみ”をお伝えしたのか?

☆簡単に暗記できないのは、苦手だったり、力不足ではないのだから、諦めず何度も何度も繰り返し学習して欲しい!!!

☆暗記は正しい方法でやれば、目に見えない形で確実に定着していき、それが強固な長期記憶になることにより、学習効果が上がるということを知り、学習を続けて欲しい!!!

そういった思いからです(^▽^)/

繰り返し暗記をすすめる中で、
音読する、耳から聞く、単語をイメージして覚える、接尾辞接頭辞を意識して覚える。。。。。

など、様々な方法を、色々試しながら、自分にとって最適な方法を見つけていく!ということも大切です!!!


1年生、2年生の皆さんにとっては、受験はまだ先のことのように思えるかもしれませんが、早く始めれば始めるほど、繰り返す回数も多くなり、より緩やかに定着を促すことができるので、周りの友達より早くグッドスタートをきりましょう!
特に2年生の皆さんは、11月頃から徐々に模試も難しくなっていきます。難しくなってから焦るのではなく、夏休み明けのこの時期から、“受験モードにギアチェンジ”をしていくことで、来年1年間十分な学習時間を確保することができるので、そろそろギアを入れていきましょう!

藤井セミナー自由が丘教室

スポーツの全国・地方大会と大学受験 #早慶上智 #GMARCH #全国大会 #受験 

こんにちは!今日は、大学受験をスポーツの大会に当てはめてお話ししたいと思います受験勉強を進めていく中で、
「あ、なんか大体この英語の長文の意味わかる」
「あ、何となくこの長文読めるようになってきた」
「単熟語完全には覚えてないけど、なーんとなく、英文→日本語に訳せるな」


と思う瞬間があるかと思います。このように感じる時も、ある程度の勉強の達成感があるため、「あ、これ位の勉強で大丈夫ちゃうかな、本番の受験にも通用するんとちゃうかな」と内なる声が聞こえてくるかもしれません。この状態は、まさに、例えばフィギアスケートの学校選手権で良い成績がとれて、喜んでいる状態なのです。皆さんが目指すGMACH以上の受験は、“学校選手権”ではなくて、まさに“全国大会”に出場するレベルに相当します。ということは“学校選手権”ではなくて、“全国大会”で勝てる力をつけていかねばならないのです!


では、“全国大会で勝てる力”とは、どのような力でしょうか?
フィギアスケートで想像してみましょう!トリプルアクセルなど、規定のジャンプ(=英語でいうと、単熟語、文法の知識)はみんな飛べる選手が集まっている大会でどうやって試合に勝つのか?ここで、必要となってくるのは、“どこで細かな違いを見せていくか(=英語で言うと、例えば、和訳の問題で、文法知識を活用して文の要素を正しく分析できる力)とか、”この音楽でどの技を見せるか“といったような戦術です。英語で言うと、この戦術は暗記しただけで、活用できるものではなく、”日々その暗記した知識を生かしながらどれだけ手を動かし主体的に英文を分析するトレーニングを積むか“にかかっています。フィギアスケート選手だって、日々の基礎練習を生かして、難しい技に毎日体当たりで練習に挑み、そしてようやく試合で結果を出していますよね?コーチが組み立てる勝てるプログラム構成を表現できるように、コーチの戦術を理解し、勝つために必要な練習を日々積み重ねています。受験も同じです。全国大会で勝つためには、戦術を生かした大技、勝てる技に、近道はなく、戦術を理解し、日々地道に練習を取り組むことがとても重要です。


別の角度から、サッカーの“全国大会”での勝ち方を例に考えてみましょう。小中学校のサッカーでは、“体格がよい、走りが速い”などのポテンシャルでレギュラーになれることも多々あるでしょう。しかし、高校のサッカーになると、“どのようなフォーメーションで戦うか、フォワードは2人でディフェンスは○○人”など、まさに戦術なしには全国大会で勝ち抜いていくことはできません。全国大会で勝つために大切なことは、監督が示す戦術を理解して、選手はそれを理解して、その戦術を実行するかということがとても重要なのです。


また別の角度から。。。。記憶に新しい、ワールドカップ南アフリカ大会で勝利したラグビーのお話しでも、“個々の選手が監督の戦術を理解し、練習を重ねることによって結果を出す”という例をみていきましょう!
http://president.jp/articles/-/16635
「個」を徹底的に鍛えるエディ―の方針が書かれていますが、英語で言えば、「個」とはまさに、「that識別」だったり「名詞と名詞が並んだ時」などを鍛える大切さと置き換えて考えることができるでしょう。


GMARCHは本当に全国大会なのかを皆さんにお伝えするために、今年明治大学に受かった塾生からのエピソードを紹介したいと思います。彼は、都立の(全国大会レベルからみれば)弱小の都立高校から、必死の努力で、明治大学に合格しましたが、彼の高校の友人には、明治学院大学に進学した多数いたと言います。その明治学院の基礎ゼミで約20任中18人の9割が神奈川県民と東京都民と千葉県民と埼玉県民だったそうです。
一方、明治大学に入学して彼が驚いたのは、周りに東京出身者が少なく、多くが全国から来ているということです。基礎ゼミの約20命中神奈川県民と東京都民と千葉県民と埼玉県民はたったの6人だけ…それ以外はほとんど地方出身です。
つまり、学校でレギュラークラスの選手程度なら、明治学院大学に進学し、“全国大会のレギュラークラス選手”ならば、明治大学に進学できると言っても過言ではないと思います。
GMARCHの受験では、全国・地方から多数の学生が受験しますが、みんな“絶対上京するぞ!”という、強い熱意も持って受験に臨んできます。つまりは、全国大会で勝つためには、“戦術”+“熱意”が必要ということです。

当然、受験は個人競技なので学校のテニス部や剣道部をそうぞうしてみてください。

勉強をしていて“これぐらいでいいかな”“単熟語覚えてないけど、何となく訳せてるし・・・・。”と思ったときは、自分が“学校選手権”で勝ちたいのか、“全国大会”で勝ちたいのか、自分自身に問うてみてください。そして、“全国大会”で勝ちたいのなら、“絶対合格するぞ!”という熱意を持ち、“戦術を生かして勝てるように日々地道に勉強に取り組む”ということを実践していってくださいね


最後に、GMARCHに行けば全国から集まっているので夏休みや春休みを利用して友達の実家に行ったり、地方の色んな知識(美味しいものや方言)が入ってきます。だけど、神奈川県民と東京都民と千葉県民と埼玉県民だけだとほとんど高校の延長なのです。

2年生のみなさん!まだまだ部活が忙しいと思います。そして部活でもレギュラー争いをしていると思います。

だけど、

一般入試という全国大会に向けて来年の夏までに個(単熟語)を磨いてください。

そして、わたくしたちは君たちへ合格するための戦術を伝えます。

なので、充実した大学生活を目指してとにかく今は単熟語を頑張って全国大会に出れるように今年の夏から準備しましょう!

藤井セミナー自由が丘

別の角度からのイマジネーションの力

みなさんこんにちは!
7/4のブログでみなさんにディズニシーのショーを例に、“イマジネーションの力”についてお話ししました。たまたま、この“イマジネーションの力”について、書いてある本の一節を発見しましたので、みなさんにもご紹介したいと思います

行動することが生きることである 宇野千代 集英社文庫(毎年夏に出るナツイチ文庫シリーズです!)より抜粋

“人間のすることは、凡て現実と想像である。私たちは朝から晩まで、この二つの現象の間を往復して、巧みに生活している。誰が、生活を巧みになし遂げるかは、この間の微妙な感覚の揺れ動く有様で決定する。どこまでも体をぶっつけて、逃げないことである。”


また、“勉強の正のスパイラル(集中→達成→自信)”について書きましたが、自信の大切さについても述べられています。

“出来ることなら、他人の言葉の暗示より何よりも、自分自身が自分に与える暗示によって、芽を伸ばして行きたいものである。自分は書ける。そう思い込む、その思い込み方の強さは、そのまま、端的に、自分の芽を伸ばすからである。”

不安な気持ちがあるからこそ、そこから逃げないで、まず一歩動くこと
単熟語も必ず覚えられると信じること

その一歩を踏み出すことが、自分にとっても最大の自信となります!!!
Make the first move and believe in yourself!!!

藤井セミナー 自由が丘教室
教室情報

藤井セミナー自由が丘教室
Author:藤井セミナー自由が丘教室
〒152-0035
目黒区自由が丘2-15-22
エイクガーデン 3階

TEL:(03)6459-5306
Mail: jiyuugaoka@fsemi.co.jp 平日☎14時から~22時まで
藤井セミナー
ホームページはこちら 偏差値40からGMARCHや早慶上智を目指しましょう!
マップ
Facebook
Twitter
ランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
説明会日程

ただいま個別説明会期間中
水曜日や土曜日になります。.
藤井セミナー総合HP

総合HPはこちら






説明会お申込みはこちら

自由が丘WEB申込

電話番号  (03)6459-5306
☎は月曜日~土曜日14時から22時まで。
在籍高校
都立は目黒・雪谷・杉並・田園調布・駒場・小山台・大崎など
私立は八雲学園・聖学院・高輪などなど
都立私立率は3:7くらいです
文系理系率は7:3くらいです
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも一覧

大学受験英語 藤井セミナー 伊川谷教室

塾・予備校 藤井セミナー立川教室